記事一覧

え、入らない…!「結婚後に太って結婚指輪が入らなくなっちゃった!」どうする?対処法を紹介


結婚後、結婚指輪はどうするものでしょうか?
ずっと指に着けている人もあれば、まったくしない人もいますね。でも、記念のものだから、時々はつけてみたいもの。
ところが、体型の変化とともに着けることができなくなったら、どうしたらよいのでしょうか?

結婚式場選び口コミサイト「みんなのウェディング」の相談広場では、結婚指輪が入らなくなってしまいどうしたらよいか悩む女性からの相談が寄せられ注目を集めています。



友達も妊娠中ははずしておいたほうがいいって聞いたらしく、はずしておいたら入らなくなったって言ってました。
その人はサイズを大きくしてもらってしています。(35歳女性)

妊娠中は指などがむくみやすいので、はずしておくように、と病院などから指導されるようですが、そのうち入らなくなることも。
tiffany ジュエリーケースその場合は、サイズを大きくしてもらうという方法があります。



私の知り合いは、婚約指輪と結婚指輪を合わせてリメイクしてもらい、スパイラル模様の1つの指輪にしてもらったそうです。
お値段は聞いていませんが、大事な物ですからこういう方法も素敵かな、と思います。(28歳女性)

サイズを変えるだけでなく、デザイン自体もリメイクする方法です。
婚約指輪と結婚指輪を両方のよいところを合わせることができ、さらに今の指のサイズに変更することができるので、よいですね。


【おすすめの関連記事】:http://ryoryo.top

太陽の門」を意味する日本のジュエリーブランド「プエルタ・デル・ソル」。

太陽の門」を意味する日本のジュエリーブランド「プエルタ・デル・ソル」。1995年に発足して以来「ROCK×LUXURY」をコンセプトに、ブレスレットやリング、ピアスなどのシルバーアクセサリーを展開しています。

プエルタ・デル・ソルは、芸能人と積極的にコラボレーションしているのが特徴。トランプやチェス、スカルなどをモチーフとしたクールなデザインも魅力のブランドです。

プエルタ・デル・ソル(PUERTA DEL SOL) シルバースカルリング ラージ withレッドルビーinアイズ



巧みな面構成により、ダイナミックにスカルを表現したシルバーリング。スカルの目の部分にセットされたレッドルビーが落ち着いた輝きを放つ、ラグジュアリーなデザインです。

シルバー950素材を採用したボディは美しく輝き、レッドルビーと絶妙にマッチ。適度にボリュームのある上品なシルエットで、指元を華やかな印象に仕上げます。

スカルモチーフの印象が強いため、ロックテイストが好みの方におすすめ。シンプルコーデの外しアイテムとしても活躍します。


プエルタ・デル・ソル(PUERTA DEL SOL) TR-KING-SET/NEW チェス キング ネックレス



キングをモチーフとしたチェスシリーズのネックレス。チェスの駒のフォルムを3D彫刻でなめらかに表現した、立体感のある仕上がりです。

トップには輝きの美しいシルバー950素材を、チェーンには耐久性に優れたシルバー925素材を使用。パーツによって異素材を使用した、こだわりのモデルです。やや小ぶりの絶妙なサイズ感で、胸元を上品に飾ります。

男らしく、気品の溢れるデザインも印象的。どこか威厳を感じさせるような、力強いシルバーアクセサリーを探している方におすすめです。


【関連記事】:http://bag676.top/

シリコンオイルの中で揺らぐ「フローティングダイヤモンド」、ロイヤルアッシャーの新作に最新技術を見る

1854年、オランダ・アムステルダムにて創業のダイヤモンドジュエラー「ロイヤル・アッシャー」は、アムステルダムの夜空をテーマとした「Stars By Royal Asscher」コレクションより、新作ジュエリーを発表した。2009年、シリコンオイルで満たしたドームの中で、ダイヤモンドをゆっくりスイングさせ、美しい輝きを放つ革新的な技術「クロムハーツ(Chrome Hearts)」を開発。今秋、同技術を駆使したコレクションに、新たにカラーサファイヤの新作を加え、収益金の一部を、CSRの一貫として設立した「ロイヤル・アッシャー財団」に寄付する。



透明なドームの中にシリコンオイルが注入され、その中に浮かぶダイヤモンドがゆっくりと揺らぐ「フローティングダイヤモンド」技術はロイヤルアッシャー独自の技術。ブランド発祥の地アムステルダムの夜景をドームの中に閉じ込めたかのようだ。
Stars By Royal Asscher Collection
Limited Edition Series



「Stars By Royal Asscher」コレクションのハイジュエリーシリーズ。まるで宙に浮いているかのような立体的なクリスタルグローブは、360度あらゆる角度から光を捉え、中に閉じ込めたダイヤモンドの輝きを最大限に引き出す。ペンダント / 18KYG×DIA3.65ct / 280万円(税別、参考価格)



(左)ピアス / 18KWG×DIA6.35ct / 400万円(税別、参考価格)
(中央)ペンダント / 18KYG×DIA3.47ct / 450万円(税別、参考価格)


Stars By Royal Asscher Collection
Stellar Series
 なめらかなフルイドで満たされたグローブの中を軽快に舞う、艶やかなピンクサファイヤとブルーサファイヤが、ロンハーマンピアス 偽物さまざまな方角から光を集め、まばゆい光で圧倒的な存在感を放つ。

【関連記事】:デザイン豊富な日本のトートバッグ専門ブランド

ピクセルで表現するジュエリー「アーシェル」が日本上陸


トショップ「ライラ・トウキョウ(LAILA TOKIO)」(東京都渋谷区渋谷1-5-11 2階)で取り扱う。

パリを拠点に活動するデザイナーのハンナ・ベーズ(Hnnah Baise)が手掛けるジュエリーの特徴は"ピクセルデザイン"。PCなどの中にある“電子基盤”が描くラインや小さな電球が、街を上から見下ろした風景と重なって見えたことがきっかけで生まれたたという。クロムハーツ ジュエリー色鮮やかなカラーリングのジュエリーは、ピクセルを何度も組み合わせては解体した末に完成したもの。アールデコやオプティカルアート、キネティックアートからもインスパイアされたジュエリー達は、デザイナー自身が一つひとつハンドメイドで製作している。価格は、ブレスレットのLサイズが5万6,000円、Sサイズが5万1,000円。



ハンナは1986 年フランス生まれ。アーティストだった父親の影響もあり、幼い頃から様々なアート作品の影響を受けて育つ。高校でアートを専攻し、その後パリの美術学校「エコール・デュペレ」にて、コンテポラリーアート、建築、グラフィック、ファッションを学んだ。電子基板と街並をリンクさせた卒業制作が評価され、09 年にヨーロッパ最大規模のデパート「ギャラリー・ラファイエット」のクリスマスディスプレイを担当。10 年より同ブランドをスタート。デザイナーの仕事に加え、アートインスタレーションやオブジェ制作などのアーティスト活動にも取り組んでいる。

コレクションのアイテムは、そんな縁にちなんで“トライアングル”をコンセプトに、三角形をモチーフにして製作された。すべてのアイテムに18Kが使用されており、ラインアップはピアス(1万7,000円から5万8,000円)が5型、リング(2万9,000円から12万円)が3型の全8型となる。

取扱いは、昨年12月に東京・渋谷にオープンした「シハラ」初の直営店「YUI BOX」(東京都渋谷区神宮前5-15-2)、及び「マメ」の公式オンラインストアにて。


【関連記事】:憧れの人気ブランド時計、パック、服、財布、ジュエリーが毎日ゾクゾク登場!